トップへ

結局、「夢中」になれたら勝ちなんだと思う

オタクって最高だ。
「毎回ライブに通ってるしグッズも全部持ってる!」
「もうこの巻は特にだね!5万回は読んだね!」
夢中になっているとき、みんなの顔は輝いてる。

かえる舎は「夢中」が最強かなと思っています。
夢中になれると、みんな勝手に主体的に知りたくなる。
夢中になれると、どんどん見たり聞いたりしたくなる。
結局、夢中になれるかどうかなんだと思うんです。

だから、かえる舎は地域と学校の間に立ち、
生徒たちと一緒に大きく3つのことをしています。
①夢中になれることを探す。
②夢中になれることの楽しさを体感する。
③夢中ではたらいている先輩たちに出会う。

勉強でも、部活でも、恋愛でも、ボランティアでも。
高校生の日常に夢中になれるきっかけを盛り込んで、
夢中になった経験がみんなの未来をつくっていく。

大量生産、大量消費的な教育から
一人一人を大切に手作りしていくような教育を目指して。
かえる舎はそうありたいと思います。

メンバー

斎藤和真(右)

栃木県鹿沼市出身。
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。
慶應義塾大学SFC研究所上席所員。
スポーツによるまちづくりを研究し、終了後、富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。
富士吉田市において、市民活動の創出、支援を行うローカルファウンディングを構築。
2016年、同じく協力隊であった赤松と共にかえる舎を開始。

赤松智志(左)

千葉県柏市出身。
慶應義塾大学総合政策学部卒業。
住民主体によるまちづくりを研究し、株式会社studio-Lにインターンとして活動後、富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。
空き家の利活用を通じて、移住者支援等を実施。
2015年には宿hostel&salon SARUYAを開業。

会社概要

会社名特定非営利活動法人 かえる舎
住 所山梨県富士吉田市富士見1丁目1-5
連絡先090-4949-0041(斎藤和真)
代表理事斎藤和真
事業内容主に高校生を対象とした地域プログラム開発事業
営業時間9:00-18:00
設 立2017年6月30日
取引銀行都留信用組合

アクセス

〒403-0008
山梨県富士吉田市富士見一丁目1-5

電車:富士急行線「下吉田駅」徒歩5分
車:富士吉田IC・河口湖ICより15分

お問い合わせ

090-4949-0041 9:00~18:00(土日祝日を除く)
info@kaerusya.jp
お問い合わせ山梨県富士吉田市富士見一丁目1-5