トップへ

aboutus

かえる舎とは

若者が地元から離れ、人口が減り、地域の未来が危ぶまれています。
「若者に自分たちが生まれ育った地への愛着や誇りを持ってほしい。」
そんな地域の未来への思いがつまった声からかえる舎の取り組みは始まりました。
これからの地域では、地域が子どもたちを育て、子どもたちが地域の未来を育てていく、そんな相互関係が求められています。
そして、その姿こそ、かえる舎が目指している地域の在り方です。
かえる舎は地域と子どもたちの間に立って、地域の未来を描いていきます。

私たちの使命は地域の未来を考えたおせっかいです。
子どもたちは地域の未来の可能性であり希望です。
その可能性の選択肢を広げてもらうべく、たくさんの大人と出会い、取り組むきっかけをつくります。
地域の中で、たくさんの大人と一緒になって成長し、ちょっとだけ社会にとって良いことをしてみる。
未来の大人が、夢をふくらませて、自分らしく活躍するための準備体操。
自分をかえる、社会をかえる、そんな大人を目指して。

メンバー

斎藤和真(右)

栃木県鹿沼市出身。
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。
慶應義塾大学SFC研究所上席所員。
スポーツによるまちづくりを研究し、終了後、富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。
富士吉田市において、市民活動の創出、支援を行うローカルファウンディングを構築。
2016年、同じく協力隊であった赤松と共にかえる舎を開始。

赤松智志(左)

千葉県柏市出身。
慶應義塾大学総合政策学部卒業。
住民主体によるまちづくりを研究し、株式会社studio-Lにインターンとして活動後、富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。
空き家の利活用を通じて、移住者支援等を実施。
2015年には宿hostel&salon SARUYAを開業。

会社概要

会社名特定非営利活動法人 かえる舎
住 所山梨県富士吉田市富士見1丁目1-5(富士吉田みんなの貯金箱財団内)
連絡先090-4949-0041(斎藤和真)
代表理事斎藤和真
事業内容主に高校生を対象とした地域プログラム開発事業
営業時間9:00-18:00
設 立2017年6月30日
取引銀行山梨中央銀行

アクセス

〒403-0008
山梨県富士吉田市富士見一丁目1-5
(富士吉田みんなの貯金箱財団内)

電車:富士急行線「下吉田駅」徒歩5分
車:富士吉田IC・河口湖ICより15分

お問い合わせ

090-4949-0041 9:00~18:00(土日祝日を除く)
info@kaerusya.jp
お問い合わせ山梨県富士吉田市富士見一丁目1-5
(富士吉田みんなの貯金箱財団内)