トップへ
2019.09.01
部活

【フリーペーパーでかえる】「働く」を観にいこう

<2019 かえる組>

「働き方を観に行こう!」そんなタイトルの元、富士吉田市のローカルフリーペーパー「シルベ!」とコラボ企画。シルベ!では地域活性のために、働き方や地域の魅力を発信しています。その一環として、地元の高校生にも一緒に働き方を見て、取材して、感じたことを自分たちの言葉で表してもらいたいとお声がけいただき取り組みがスタートしました。地場産業である織物や、富士山観光を支えるホテル業など生徒たちがこの地域を支えている仕事を取材し、まとめました。完成したフリーペーパーは地域に1万部配布され、同級生たちからの反応も大きかったそうです。

< 協力団体 > 取材にご協力いただいた皆さま、シルベ!

STEP0

はじまる

働くを観に行こう。高校で学ぶ意義は将来の自身の夢を叶えることにつながります。ただ、「やりたいこと」「夢」「没頭できるもの」を見つけることは容易ではありません。将来は近いようで、遠いようで、それを手探りで模索しながら、みんな成長していくんだと思います。そんなふわふわとした自分の将来の輪郭を少しくっきりと描けるように、身近な地元の先輩たちの「働き方を観に行こう」。

STEP1

取材する

取材相手は、地域に根付いた働き方をされていてる方々。地場産業である織物事業者さん、富士山の麓の観光を支えるホテル、地元の祭事を行う神社、それぞれ地域に密着したお仕事の方々です。古くからの伝統を受け継ぎ、今に伝え、地元の誇りを持ってみなさま働かれています。そんな思いに触れて、高校生たちも自分たちの働き方のイメージをつけると同時に「地元の良さ」「地元の誇らしさ」なども同時に感じてくれたのでは…

STEP2

かんがえる

取材した内容を元に、「私たちに伝えようとしてくれたことは何なのか」「大切にしている核は何か」「自分たちの将来にどういう点が活かせるか」取材の録音データを聴きながら、一つ一つ咀嚼していきました。

STEP3

まとめる

「これを同級生が手に取ってくれた時に何が書いてあったら参考になるかな」そんなことを考えながら、取材先のみなさまの思いをまとめていきました。何度も取材中の音声を聴き直しては文字にして、生徒たち自身が大切だと思ったセンテンスをそのまま文章にしてもらいました。

STEP4

発行する

みんながまとめた記事が載った冊子は一万部発行されました。地域の銀行やコンビニ、スーパー、そのほかも市内各所に設置され、生徒たちの取材した地域での働き方が多くの人の手に届いています。

STEP5

かえる

「フリーペーパーを見たよと連絡がたくさんくる」と取材した生徒が言っていました。そうやって、高校生のつながりの中に地域での働き方の魅力が少しずつ浸透していくのは、地域で働く先輩の一人としてとても嬉しく感じています。

 

Back To Index